文字サイズを小さくします 文字サイズを大きくします

印刷

  1. ホーム
  2. 患者・一般の皆様
  3. 糖尿病・血糖測定について
  4. 糖尿病と言われたら
  5. (1)基礎知識編

(1)基礎知識編

糖尿病の主要な病型は1型と2型に分けられます。

原因はどう違う?

1型糖尿病
膵臓のβ細胞が壊れてしまい、まったくインスリンが分泌されなくなってしまう1型糖尿病。インスリンを体外から補給しないと生命に関わるため、インスリン注射を欠かしてはなりません。
2型糖尿病
遺伝的に糖尿病になりやすい人が、肥満・運動不足・ストレスなどをきっかけに発病します。インスリンの効果が出にくくなったり、分泌のタイミングが悪くなったりします。

症状はどう違う?

1型糖尿病
発症するのは子どもや若い人に多く、最初は風邪に似た症状が出ます。その後、のどが渇く、尿が多くなる、急激にやせるなどの症状があらわれてきます。放っておくとケトアシドーシスに陥るので、直ちに治療を受けてください。
2型糖尿病
自覚症状がないため、いつ発症したのか、わからないまま地域や職場の健康診断や生命保険の加入時に発見されることがよくあります。苦痛がないからと、放っておくと合併症がすすんでくるので、必ず治療を受けましょう。

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

  1型糖尿病 2型糖尿病
発症年齢 子どもや若い人に多い 中高年に多い
体型 やせ形に多い 太った人に多い
発症のしかた 急激に発症し、病状の悪化も急速 ゆるやかに発病し、進行もゆっくり
発症の原因 膵臓のβ細胞が破壊されたため 遺伝的体質に肥満などの要因が加わったため
治療方法 インスリン注射 食事・運動療法。
場合によっては飲み薬とインスリン注射
ケトアシドーシス 起こしやすい まれに起こす

ケトアシドーシスとは?

インスリンは、ブドウ糖をエネルギーとして分解するときに必要なホルモン。不足すると、ブドウ糖の代わりに脂肪がエネルギー源として使われ、ケトン体という酸性物質ができます。「ケトアシドーシス」とは、このケトン体が血中に増え、血液が酸性化した状態。体のさまざまな働きが低下し、重症になると昏睡に陥ってしまう危険な症状です。