文字サイズを小さくします 文字サイズを大きくします

印刷

  1. ホーム
  2. 患者・一般の皆様
  3. 糖尿病・血糖測定について
  4. 糖尿病と言われたら
  5. (8)外食編

(8)外食編

食事療法の成否のポイントは外食にあり。

『国民健康・栄養調査』によると、30代男性の約6割、40~50代男性の約5割が「週に2回以上外食を利用する」と答えていて、しかもほとんど毎日外食を利用している人も少なくないとのことです。今の時代、外食を抜きに食事療法は語れません。外食をいかに適切にとるかは、治療の良否を左右する大きな要素の一つです。

男性の外食(市販の弁当なども含む)の利用頻度

外食が治療上の問題となる理由。

適切に食べれば、糖尿病の方でも外食を利用することも不可能ではありません。しかしそれにはさまざまなハードルがあることを理解しておきましょう。

外食は家の食事とココが違う

  • 量が決められている(量が多い)
  • 炭水化物か脂質が中心
  • 野菜がほとんどない
  • 味付けが濃い。塩分が多い
  • おかずが一品のため栄養がかたよりがち
  • 時間をかけてゆっくり食べられない
  • 材料がわかりにくくて栄養バランスを把握しにくい

‘食’のセンスを磨きましょう。

このようなハードルがある外食をとる以上は、糖尿病食事療法の基礎をしっかりおさえておく必要があります。食事に関する知識に不安がある人は、もう一度「食品交換表」などを開いて、食事療法の意味と方法をおさらいしておきましょう。食事療法は難しく考えずに「もっと食事を楽しもう」と考え取り組めば、少しずつ興味が沸いてくるはずです(食事療法の基礎についてはこのシリーズの3をご参照ください)。