文字サイズを小さくします 文字サイズを大きくします

印刷

  1. ホーム
  2. 患者・一般の皆様
  3. がん患者さんのためのONS

がん患者さんのためのONS

がん患者における体重減少

約半数の患者さんで体重減少が見られる。5%以上の体重減少が1/3の患者さんでみられる。 術後の体重減少を抑えるために手術前の比較的体力のある時に栄養をしっかり摂取し、体重を維持しましょう。

栄養で気をつけたいこと!

体力を維持するためには適切な栄養素をバランスよく摂取するのが重要です

食事から必要な栄養(エネルギー等)が摂れていますか?

体に必要なエネルギー量、たんぱく質量が摂取できないことが続くと体重減少につながります。
食事のみで摂取が難しい場合は、経腸栄養剤や栄養補助食品を活用しましょう。

栄養バランスに配慮していますか?

食事が偏ると栄養のバランスが悪くなります。
それぞれの栄養素は、体に必要な役割があるのでバランスよく摂取することが大切です。

がんによる炎症が生じる可能性があります

がん患者さんに生じる炎症

炎症→発熱、倦怠感、口内炎、食欲不振、下痢→体重(筋肉)減少、活動量の低下、全身状態の悪化→元気がなさそうにみえる(QOL)の低下、がんの治療に支障をきたす 炎症が生じることによって栄養状態等の悪化が考えられます。