文字サイズを小さくします 文字サイズを大きくします

印刷

  1. ホーム
  2. 医療関係者の皆様
  3. 血糖自己測定について
  4. Abbott Diabetes News

Abbott Diabetes News

“安心できる”血糖測定のための情報誌です。送付をご希望の方は、お客様相談窓口(0120-37-8055)までご連絡ください。

バックナンバー

Vol.37 血糖自己測定器の正確性とISO15197:2013
Vol.36 2014年度医療スタッフのための糖尿病セミナー大阪開催号
テーマ:糖尿病患者の腎臓(キドニィ)をまもる
Vol.35 エビデンスに基づいたデータ解析システム
Vol.34 大阪市立大学医学部附属病院における透析予防外来の取り組み
Vol.33 2013年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.32 2013年度医療スタッフのための糖尿病セミナー高崎開催号
テーマ:糖尿病患者のハートをまもる
Vol.31 2013年度医療スタッフのための糖尿病セミナー高崎開催号
テーマ:糖尿病患者のハートをまもる
Vol.30 2012年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.29 2012年度医療スタッフのための糖尿病セミナー新潟開催号
テーマ:HbA1cの新しい見方と診療報酬を踏まえたチーム医療の推進
Vol.28 2012年度医療スタッフのための糖尿病セミナー徳島開催号
テーマ:HbA1cの新しい見方と診療報酬を踏まえたチーム医療の推進
Vol.27 東京大学医学部附属病院における糖尿病足外来の取り組み
Vol.26 2011年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.25 2011年度医療スタッフのための糖尿病セミナー仙台開催号
テーマ:スポーツアクティビティと糖尿病の運動療法
Vol.24 2011年度医療スタッフのための糖尿病セミナー福岡開催号
テーマ:スポーツアクティビティと糖尿病の運動療法
Vol.23 2010年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.22 2010年度医療スタッフのための糖尿病セミナー神戸&兵庫県糖尿病療養指導セミナー
合同セミナー開催号
テーマ:糖尿病の新しい診断基準とその療養指導への活かし方
Vol.21 2010年度医療スタッフのための糖尿病セミナー横浜開催号
テーマ:糖尿病の新しい診断基準とその療養指導への活かし方
Vol.20 2009年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.19 2009年度医療スタッフのための糖尿病セミナー東京開催号
テーマ:糖尿病の薬物療法と血糖モニター技術の最新情報
Vol.18 2009年度医療スタッフのための糖尿病セミナー札幌開催号
テーマ:糖尿病の薬物療法と血糖モニター技術の最新情報
Vol.17 2008年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.16 2008年度医療スタッフのための糖尿病セミナー東京開催号
テーマ:糖尿病の大血管障害と療養指導
Vol.15 2008年度医療スタッフのための糖尿病セミナー名古屋開催号
テーマ:糖尿病の大血管障害と療養指導
Vol.14 2007年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.13 東京女子医科大学 北野滋彦先生 テーマ:糖尿病網膜症2
Vol.12 東京女子医科大学 北野滋彦先生 テーマ:糖尿病網膜症1
Vol.11 2007年度医療スタッフのための糖尿病セミナー東京開催号
テーマ:糖尿病における高血圧の管理
Vol.10 2007年度医療スタッフのための糖尿病セミナー松山開催号
テーマ:糖尿病における高血圧の管理
Vol.09 広島大学 西村英紀先生 歯周病と糖尿病および糖尿病合併症の関連2
Vol.08 広島大学 西村英紀先生 歯周病と糖尿病および糖尿病合併症の関連1
Vol.07 2006年度“We are up for self-care”Award受賞者発表号
Vol.06 駿河台日本大学病院 西田壽代先生 テーマ:糖尿病とフットケア2
Vol.05 駿河台日本大学病院 西田壽代先生 テーマ:糖尿病とフットケア1

  • Vol.4 妊娠糖尿病の栄養管理

  • Vol.3 2005年度“We are up for self-care”Award 最優秀賞に虎石顕一先生を選出。

  • Vol.2 2004年度“We are up for self-care”Award 最優秀賞に渡辺鈴子看護師を選出。

  • Vol.1 SMBGは血糖コントロールとQOLにどのような影響をもたらすのか?