文字サイズを小さくします 文字サイズを大きくします

印刷

  1. ホーム
  2. 医療関係者の皆様
  3. 製品情報
  4. 遺伝子関連製品
  5. 膀胱癌関連FISHプローブ ウロビジョン® DNA FISHプローブキット

膀胱癌関連FISHプローブ〈体外診断用医薬品〉
ウロビジョン®DNA FISHプローブキット

膀胱癌の再発の診断補助として、FISH法を用いて尿中細胞の3番、7番及び17番染色体の異数倍数体、並びに9p21遺伝子座の欠失を検出するキットです。 膀胱癌は再発頻度が高く、長期間にわたる定期的なフォローアップが必要です。膀胱癌再発の診断には、膀胱鏡および尿細胞診が用いられていますが、膀胱鏡は侵襲性があり、平坦で膀胱粘膜との見分けがつきにくい上皮内癌(CIS)のような腫瘍の診断が難しいこと、また尿細胞診については、特異度が高いものの、その一方で検出感度が低いことが知られています。遺伝子異常により膀胱癌を検出するウロビジョンDNA FISHプローブキットは、これらの診断と組み合わせることによって、再発の診断の補助となる結果を提供します。

Ideogram

Probe Image

FISH法による移行上皮細胞核

左:正常例 右:異常例

正常の場合、レッド、グリーン、ゴールド、アクアのシグナルが夫々2個ずつ観察されます(左図)。異常の場合、異数体を形成することによって、レッド、グリーン、アクアのシグナルが3個以上観察されます(右図)。また9p21領域の欠失によってゴールドのシグナルが観察されない異常例もあります。

推奨VYSIS蛍光顕微鏡フィルター

蛍光顕微鏡フィルター名 標的
DAPIシングルバンドパスフィルター
Aquaシングルバンドパスフィルター 17番染色体
Gold(Yellow)シングルバンドパスフィルター 9p21(p16遺伝子)
Red/Greenデュアルバンドパスフィルター 3番、7番染色体

参考文献

  • 1. Sokolova IA, Halling KC, et al: The development of a multitarget, multicolor fluorescence in situ hybridization assay for the detection of urothelial carcinoma in urine. J Mol Diagn 2: 116-123, 2000
  • 2. Halling KC, Sokolova IA, et al: A comparison of cytology and fluorescence in situ hybridization for the detection of urothelial carcinoma. J Urol 164: 1768-1775, 2000
  • 3. Sarosdy MF, Schellhammer P, Bokinsky G, et al: Clinical evaluation of a multi-target fluorescent in situ hybridization assay for detection of bladder cancer. J Urol 168: 1950-1954, 2002
  • 4. Skacel M, Fahmy M, Brainard JA, et al: Multitarget fluorescence in situ hybridization assay detects transitional cell carcinoma in the majority of patients with bladder cancer and atypical or negative urine cytology. J Urol 169: 2101-2105, 2003
  • 5. Sarosdy MF, Kahn PR, Ziffer MD, et al: Use of a Multitarget Fluorescence In Situ Hybridization Assay to Diagnose Bladder Cancer in Patients With Hematuria. J Urol 176: 44-47, 2006