文字サイズを小さくします 文字サイズを大きくします

印刷

  1. ホーム
  2. 医療関係者の皆様
  3. 製品情報
  4. 遺伝子関連製品
  5. 肉腫関連FISHプローブ Sarcoma

肉腫関連FISHプローブ Sarcoma〈研究用試薬〉

FISH(Fluorescence in situ Hybridization)法では、PCR法やSouthern blot法では見ることの出来ない細胞毎の遺伝子異常を観察することが可能です。

1. LSI® EWSR1 Dual Color Break Apart Probe
(製品番号:7J71-01)(旧:LSI® EWSR1(22q12))

Ewing肉腫で関係が示唆されているEWSR1 (Ewing sarcoma breakpoint region 1) 遺伝子を標的としたFISHプローブです。EWSR1遺伝子は22番染色体の22q12に存在します。11番染色体の11q24に存在するFLI-1(Friend leukemia virus integration 1)遺伝子との相互転座であるt(11;22)(q24;q12)は、Ewing肉腫において高頻度で確認されています。
また、21番染色体21q22に存在するERG (v-ets erythroblastosis virus E26 oncogene like) との相互転座も報告されています。 その他、稀な相互転座例として、7番染色体7p22に存在するETV1 (ets variant gene 1)、2番染色体2q33に存在するFEV (FEV protein)、17番染色体17q12に存在するE1VF なども報告されております。
本FISHプローブは、22q12に存在するEWSR領域を挟み、セントロメア側にスペクトラムオレンジ標識のプローブ、テロメア側にスペクトラムグリーン標識のプローブが設計されています。

Ideogram

Probe Map

Probe Image

正常例

異常例

正常の場合グリーンとオレンジの融合シグナルが2個観察されます。(左図)
22番にて転座が生じた場合、グリーンシグナルが1個、オレンジシグナルが1個、グリーンとオレンジの融合シグナルが1個観察されます。(右図)

参考文献

  • 1. Yamaguchi U, Hasegawa T, Morimoto Y, et al. A practical approach to the clinical diagnosis of Ewing's sarcoma/primitive neuroectodermal tumour and other small round cell tumours sharing EWS rearrangement using new fluorescence in situ hybridisation probes for EWSR1 on formalin fixed, paraffin wax embedded tissue. J Clin Pathol 2005;58:1051-1056.

2. LSI® SS18 Dual Color Break Apart Probe
(製品番号:5J84-06)(旧: LSI® SYT(18q11.2))

滑膜肉腫(Synovial Sarcoma)で関係が示唆されているSS18(SYT)遺伝子を標的としたFISHプローブです。SS18は18番染色体に存在し、X染色体のSSX遺伝子との相互転座によるt(X;18)(p11;q11)は高頻度で確認されています。
本FISHプローブは、18q11.2に存在するSS18(SYT)領域を挟み、セントロメア側にスペクトラムグリーン標識のプローブ、テロメア側にスペクトラムオレンジ標識のプローブが設計されています。

Ideogram

Probe Map

Probe Image

正常例

異常例

正常の場合グリーンとオレンジの融合シグナルが2個観察されます。(左図)
18番にて転座が生じた場合、グリーンシグナルが1個、オレンジシグナルが1個、グリーンとオレンジの融合シグナルが1個観察されます。(右図)

参考文献

  • 1. Amary MFC, Berisha F, Bernardi FC, et al. Detection of SS18-SSX fusion transcripts in formalin-fixed paraffin-embedded neoplasms: analysis of conventional RT-PCR, qRT-PCR and dual color FISH as diagnostic tools for synovial sarcoma. Modern Pathology 2007;20:482-496.

3. LSI® MDM2 SpectrumOrange Probe(製品番号:1N15-20)

脂肪肉腫(LipoSarcoma)で関係が示唆されているMDM2遺伝子を標的としたFISHプローブです。MDM2は12番染色体に存在し、MDM2領域の遺伝子増幅(amplification)があることが報告されています。
注:本プローブには、CEP12 SpectrumGreen, LSI/WCP Hybridization Bufferは含まれません。

Ideogram

Probe Map

Probe Image

正常例

異常例
Positive MDM2/CEP12 FISH assay in a dedifferentiate liposarcoma 1

参考文献

  • 1. Weaver J, et al. FISH for MDM2 gene amplification as a diagnostic tool in lipomatous neoplasms. Mod Pathol (2008) 21, 943-949.